目の下のたるみ対策ケア

生まれつきや加齢が目の下のたるみのできる要因でもありますが、ある程度は、毎日のケアや気配りで目の下のたるみを解消することはできるでしょう。目の下のたるみを改善するには、肌の水分の蒸散を抑えて肌を保湿することが重要です。理想的な肌の水分は表皮の角質層では約20%、真皮では約70%です。乳液や保湿美容液を肌の手入れに有効に使うことで肌に水分を与え、肌の水分バランスを調整することが大事です。紫外線によっても肌の弾力成分であるコラーゲンは変質します。原因は老化だけではないのです。目の下のたるみ対策に紫外線対策は必須です。日頃から帽子の着用や紫外線カットのクリームを使い、紫外線をカットすることが、目の下のたるみ対策になるといえます。
コラーゲンを失い皮膚に弾力がなくなると、筋肉を鍛えても、目の下のたるみは解消されません。目の下に脂肪をためないためには、新陳代謝を整える必要があります。食生活は、マッサージやスキンケアとともに肌の健康大きな影響を及ぼしますで、大変重要なものです。インスタント食品や甘いものの食べすぎは控え、緑黄色野菜を意識して摂るように心がけましょう。
規則正しい生活習慣と十分な睡眠も肌の健康を創ります。継続して行なうことで目の下のたるみ対策は効果がありますので、気長に根気よくやっていくことが重要です。

クリニックでの目の下のたるみ取り

美容クリニックなどで手術をうけて、目の下のたるみをなくす方法があります。
目の下のたるみをどうしても取り除きたいという人にお薦めです。いくつか目の下のたるみを取る方法はあります。これは差がクリニックごとに大きいものですから、内容をよく確かめて自分に良いものを見つけましょう。皮膚のたるみではなく脂肪によるものが目の下のたるみの原因である場合、皮膚を切開してたるみ部分の脂肪を除去する方法になるでしょう。手術で切開するところはまつげの生え際や目の裏の結膜部分などになるでしょう。脂肪の位置によっては目じりや目頭など傷跡のわかりにくい部分から切開することもあります。脂肪を除去するのと同時に目の下のたるんだ皮膚を切開するということも可能です。まつげの生え際を数ミリ切開し、目の下の脂肪と下まぶたの皮膚を一部除去します。そしてまぶたがダラッと垂れ下がらないよう筋肉を一部固定するなどの施術を行います。下まぶたは上まぶたより重力の影響をうけやすい部位だからです。これら2つはどちらも目の下のたるみを取る方法のなかでも、目の下の脂肪を除去してたるみを取るというやり方になっています。
脂肪を除去すると症状や状態によっては目の下全体がへこみ、逆に老けた印象を与えてしまうこともあるかも知れません。ハムラ法は、そのような場合に適しているもので、目の下の脂肪のたるみ部分からへこんでいる部分に移動指せるというやり方です。移動した目の周りの脂肪組織は、糸で縫いつけて固定する目の下のたるみを取る方法です。